国際ヒューマンネットワーク財団 非営利型法人 一般財団法人

​朗報!

全国初〜!!

​認知症者を抱えるご家族の方へ

 重度認知症の家族の現状はどうなっていますか?

  • 介護を理由に離職しなければならない家族が増々増えています。

  • 収入の激減や介護のストレスなどが原因で将来に不安を抱えています。

  • 重度認知症の人が朝晩を問わず大声をだして近隣に迷惑をかけています。

 

  • 元々は認知症の人に優しかった家族が叱ってばかりになるため、家の中が地獄になってしまっています。

  • 認知症に対する誤解から間違った介護をすることで、認知症の人と家族の間に壁ができ、両者の関係を

 悪化させています。

 家庭介護が大変だ!

  • 認知症の人が不穏・暴力・妄想・失禁・不潔行為・徘徊などにより、家族や近隣に非常に迷惑をかけています。

  • 外に出たら行方不明の恐れがあり、目が離せない。

  • 常にそばに人がいなければならない。

                        

                                                 認知症の人が一人で家に残ったら火を付けて火事になる恐れがあります

                                  やむを得ない時には認知症の人を縛ったり、口を閉じたりするということが

                                           起こります。


                                     さらに、夜から朝まで10時間以上認知症の人を拘束することで、結果的

                 に虐待につながる恐れがあります。

 

                                      認知症の家族が収入の激減や介護のストレスなどの原因で、約8割の現

                 役世代が将来に不安を抱えています。

 

このような悩みで困っていませんか?

  • 重度の要介護状態や認知症のため、預かってくれる施設がない。

  • 親が認知症になって自分の家庭の生活設計が変わってしまった。

  • 介護のために仕事を辞めなければならない。  

  • 重度認知症で一生涯親の面倒をみてもらえる施設がない。

  • 家族が認知症によりいつか介護施設から追い出されるか、不安だ。

  • 特養老人ホームは待機者が多く、いつまで経っても入所できない。

  • グループホームを追い出されて、在宅介護を余儀なくされている。

  • この状態がいつまで続くかわからない、経済的にも不安だ。

  • 介護の知識や情報が少ないため、どこに預けていいかわからない。

  • 家族が安心して最期まで預けられる施設を探しているが見つからない。

  • 在宅介護で精神的にも肉体的にも限界だ、これ以上家族で面倒を見れない。

ご家族の悩みや不安を解消する!

認知症者の家族の将来を心配しないで!

認知症者を預ける場所を心配しないで!

家族が金銭・経済のことは心配しないで!

自分らしい仕事・生活で生きていこう!

  特別養護老人ホームの待機を待たなくてもいいのです!         

                   重度認知症者の家族の悩みを全て解決!全国初‼              

    「一生涯見守り施設」のご案内

​  「エンゼル会永遠(とわ)の家」

​    全国に先がけて誕生!

​ 

                                    ご安心ください!ご家族の悩みや不安を解消する

                                                「エンゼル会永遠の家」の特長は

  • 家族の人は安心して普段の生活、仕事ができます!

  • 安心で一生涯見守る空間・コミュニティを提供します!

  • 重度認知症の人の住居、介護、安全を確保をします!

  • 365日24時間体制で最先端IOT設備設置とスマイルヘルパーが見守るので 安心できます!

  • 長期間にわたる家族の時間的制約や精神的・肉体的負担を軽減します!

​第Ⅰ弾 九十九里浜施設

第Ⅱ弾 鬼怒川施設